御嶽神社 http://ontake-tajima.jp

当神社は人皇第92代伏見天皇の御代永仁3年4月(鎌倉時代)御創建されたと伝えられております。

古社にして、木曽御嶽山王滝口開祖普寛行者が天明年代(江戸時代)本神社に於いて根本修行したと伝えられております。

由緒・沿革

祭典・神事年間行事一覧

夏越しの大祓

大祓とは、私達が毎日生活している中で知らずに犯してしまう諸々の罪穢災厄(つみけがれわざわい)を除き、清浄な心身に戻す為に、年二回、6月(夏越の大祓)と12月(師走の大祓)の晦日の日に行う日本古来の神事です。

特にこれから暑い夏を迎えます。この夏を、熱中症や疫病にも罹らず、無事過ごせるように祈り行うのが「夏越しの大祓い」です。

鳥居の中央に立ち、右回りに茅の輪、または鳥居の両柱へ、八の字(∞)を描くように回り、これを三度行ってから参拝しましょう。

2018年06月21日

御嶽神社からのお知らせ

木曽御嶽山夏山登拝のお知らせ

平成30年8月18日㈯~20日㈪の2泊3日で木曽御嶽山夏山登拝をいたします。

本年の登拝は、御嶽山噴火で入山規制(レベル1)されている為、九合目を頂上とし、御社や祠の参拝、清瀧での瀧修行などを行い、心願成就の為に講中・崇敬者方々と登拝いたします。

手付かずの大自然の中、心身を浄め、己を見つめ直し、新たな生命力を養い再生し、日々の活力にする為に木曽御嶽山に登拝いたしましょう。

初めて登られる方・一般の方々もいらっしゃいますので、ご興味のある方は御嶽神社社務所までお気軽にご連絡ください。

 

2018年06月07日